放射線の単位

放射線の単位には、放射線を出す能力(放射能)に注目した単位「ベクレル」とその放射線のエネルギーの量に注目した単位「グレイ」、放射線を受ける方に注目した単位「シーベルト」があります。

ベクレル(Bq)
放射線を出す能力(1秒間にいくつ放射性物質が変化するか)
グレイ(Gy)
人の体や物に吸収された放射線のエネルギーの量
シーベルト(Sv)
放射線がどれだけ人体へ影響するか

ベクレルだけで見ると、トリチウムのほうが影響を受けるように感じるが、身体への影響はどちらも同じなのじゃ。
同じ「1発(ベクレル)」でも、「たたく道具や力で変わる威力(グレイ)」によって、「ダメージの大きさ(シーベルト)」も変わるのじゃ。注目するべきは、「シーベルト」という単位なのじゃな。

森のものしりおじいさんじいほっぱーのPOINT!

放射線の発見の歴史

100年以上も前に多くの研究者により放射線についてのいろんな発見がなされました。

1895年
ドイツのレントゲン博士が「放射線」(X線)を初めて発見!

1896年
フランスのベクレル博士が「放射性物質」を初めて発見!

1898年
フランスのキュリー夫妻が、ウラン以外の放射性物質ラジウムを発見。放射性物質の性質「放射能」の名付け親!

「ECO通信」Vol.3(PDF)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加